スポンサーサイト

--.--.--   カテゴリ : スポンサー広告   コメント : -


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

『Exit 2』がXBLAで今週リリース!

まじかよおおおおおおおお。
知ってたらサークルカットに載せたのにいいいいいいいい。

申し込みはもう済んじゃったので、サークルカットは前と一緒(左上のやつw)。

まあ1も終わってないし、頑張るとするか。
スポンサーサイト

 

バイオ5

2009.02.25   カテゴリ : SSVの雑記   コメント : 0


なんていうか、予想していたことだが…。

バイオ5の発売が迫っているわけだが、体験版を一回で放り出した私としては、価格が2K円代に落ちるまでどうでも良いかな、と。

操作性がひどすぎる。
というのはどこのブログにも書いてあるんですけど。

やっぱりL4Dやった後だとね~…。
というか、デッドライジングの操作性の良さは同じメーカー内でもシェア出来なかったんだな~。





一方デッドラWii版は別ゲーになっていた。


 

【レビュー】コンシェルジュ【読書感想文】

2009.02.18   カテゴリ : レビュー【漫画】   コメント : 0


私も15の頃のアルバイトから数えると、もう随分長いことサービス業をしている。
若い頃は職も転々として、今の仕事に落ち着いたのは成人式の2ヶ月前である。
そこでやはり難しいと感じるのは、『接客』である。
もちろん店にやってくる客の場合、基本的な目的は一緒である場合が普通である。
販売店なら「売り物を買う」がそれに当たる。
だが、一口に『買う』と言っても、そこには顧客それぞれの事情、事由があり、パターンは複数存在するにせよ、細かい点を突き詰めればほとんど同じ目的の客は少ないということが分かる。
つまり、チェーン店以外のサービス業ではマニュアルによる接客が通用しないのである。

私の仕事はPC関係のカスタマーサービスな訳だが、例を挙げると
「プリンタが欲しい」
と言った顧客の場合でも、千差万別様々な顧客が存在する。
「PCに繋げて印刷したい」
「ネットワークで複数台から印刷したい」
「コピーもFAXも使いたい」
「実は紙に印刷しなくても良い」
これらの要望を、別件で訪問した際に顧客が一言漏らす、
「プリンタも欲しいんだよね~」
というような台詞から判別してセールスしなくてはならない。
もちろん、そのままプリンタが売れるなんてことは良くて半々であるが。
そういう意味ではサービス業というのは非常に難しい。

昨今の不況の折、やはり私の会社でもCSを再検討する話が一昨年より出ている。
この場合のCSとは、「顧客満足」(Customer Satisfaction)の意味である。
すべからくサービス業とは、お客様の要望から始まるのであり、その要望を満たす、満足させることを目的とした提案・サービス・サポートをするという考え方である。
これだけ聞くと、昨今の(金を払っている自分が神であるかのように)勘違いする客を増長させるだけのようにも思うが、内容自体は至ってシンプルである。
即ち、顧客の欲求を見抜き、それを的確に満たすことに尽きる。
だが我々は不幸にも超能力者ではない為、見抜く為だけでも世情の把握や長年の経験に裏打ちされた勘などに頼らなくてはならない。
実際問題、それは非常に困難なのであるが、その為に年数回教育プログラムを行っている。

その教育プログラムであるが、CSの教育材料として使われるものの一つに、「ホテル」の接客が挙げられることがある。
IBMのCS教材では、リッツカールトンホテルのCSが紹介されていた。
内容によると、このホテルでは従業員一人一人に、月1000$ほどの決裁権が与えられているらしく、顧客を喜ばせる為に使う場合は誰の許可も必要としないらしい。
普通こんな事をすればあっという間に潰れてしまうだろう。
ところがリッツカールトンではそんなことは無いらしい。
それは何故なのか?ということが教材に紹介されているのだが、当然正規ルートでこの教材を入手するには結構なお金が必要だ。

と、非常に前置きが長くなってしまったが、今回紹介する漫画、
『コンシェルジュ』
には、この教材と同様の教育効果があると私は思う。
内容は漫画らしく、コメディタッチではあるものの、一番の基本、
「顧客満足とはなんであるか」
「サービス業とはこうあるべきだ」
はしっかり押さえている。
これは原作者の取材によるところが大きいと思う。
話の内容は、ホテル「クインシーホテル」にコンシェルジュとして招聘された「最上拝」の部下として、主人公の新米コンシェルジュ「川口涼子」が日々奮闘するオムニバスコミックだ。
基本的な流れとして、お客様からのリクエストに応えていく過程でのドタバタを描いていっているが、合間合間に、コンシェルジュ以外の職種にも充分適用出来る格言や考え方、理念などが挿入されており、そういった点に着目して読めば教育効果は充分にある。
少なくとも、私が会社で受講した、講師のリッツカールトン宿泊自慢話よりは何倍も効果があると思われる。
この漫画を現在までの全巻定価で入手しても、教材より安くあがる気がする。
「漫画から学ぶとかなんなのwwwww」
とか思う人は、是非一読して欲しい。

楽しく読めて、教育にもなる、貴重な漫画の一つであると思う。
出来れば、可能な限り連載が長く続くことを祈り、応援したいと思う。




コンシェルジュ 15 (15) (BUNCH COMICS)コンシェルジュ 15 (15) (BUNCH COMICS)
(2009/02/09)
いしぜき ひでゆき

商品詳細を見る


以下、蛇足。

 

ラスレム地獄から脱出

2009.02.11   カテゴリ : 攻略完了   コメント : 0


ようやくラストレムナントを打開。
う~ん、一ヶ月以上やってた…。
FALLOUT3を一週間程度で終わらせた事に比べると、非常に時間のかかるゲームでした。

まあでも面白かったので良し。
個人的には、スクエニ久々のヒット、という所でしょうか。

既に2000円台で売ってる所も出てきてるので、今からならお勧めですw




ラスト レムナントラスト レムナント
(2009/04/09)
Windows

商品詳細を見る


PC版が出るようです。
箱版とは違い色々問題点が解決されてますが、一番の問題点は
要求スペックが高い
という所でしょうかw





そしてFableⅡが始まる・・・

 

プロフィール

SSV

Author:SSV
5歳の頃からゲームしてた変人ゲーマー。
ネタ好き。
ジャンル問わず中の中程度の腕前、と思う。

Steam ID SSV




Play-asiaサーチ









最新twitter

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

最近のトラックバック

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。